【爆光】ダイハツキャストのバックランプ交換方法 -AUXITO T16 LED-

車のバックランプをLEDにしたいと思ってもどのメーカーのどんな商品を使えば良いか悩んでいませんか?

下手な安物を買うと点滅したり勝手に消えたりするし、かと言って値段が高すぎるのもいまいちです。

そんなLEDランプですが、今回自分で交換したLEDバックランプの調子が大変良いのでご紹介します。

ちなみに電球交換車はダイハツキャストです。交換方法もついでにご紹介します。

交換方法

1、ジャッキアップ

バックランプは後輪の後ろについていますが、タイヤが邪魔になるのでジャッキアップします。

ジャッキアップ後

手が入るスペースが出来ました。

カバー取り外し

マイナスドライバーでカバーを外していきます。

ビス?留め具?を無くさないように、。

カバーを手前に引っ張ると奥にバックランプのソケットが見えて来ます。

これですね。

電球交換、LEDへ

ソケットをひねると外れます。純正電球が出てきました。

届いたAUXITO T16 LEDはこんな感じです。

抜き差しで簡単に交換できます。サイズ感、バッチリです。

たまにビシッとはまらないものもあるので、、。

復旧

逆の手順で復旧していきます。

とりあえず点灯確認。(昼)

純正(昼)

反対側も交換

車載の小さいジャッキだと片輪ずつしかジャッキアップ出来ませんので同じ作業をもう一度行います。

点灯式

交換前です。

交換後です。

路面状態が異なりますが違いははっきりわかると思います。

こんな感じになりました。

AUXITO

今回この商品にした決め手は通販サイトでベストセラー1位だったからです。

もちろん比較対象を繰り返し、皆さんのレビューを読み漁りましたが最終的によくわからなくなりベストセラーという言葉に惹かれて購入ボタンを押していました。

多少不安もありましたが、値段と実際に届いた商品の質感、光り方が大満足だったのでご紹介している次第です。

ちゃんと2個セットです。w

【爆光】ダイハツキャストのバックランプ交換方法 -AUXITO T16 LED- まとめ

私が商品選びする際、実際の商品や光り方の写真が少なかったのでこの記事で紹介してみました。

セダンのバックランプはトランクについているパターンが多いですが、キャストはまさかのジャッキアップが必要ということで一手間かかります。

おしまい

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA