作業効率UP!ライトの選び方。機関士が重視する3つのポイント

手元のライトから固定式の作業灯まで種類がありすぎてどれにすれば良いか迷いませんか?

この記事をみれば選び方のポイントが分かります。

毎日仕事でトーチライトを使う現役機関士の私がオススメする各種照明器具をご紹介します。

機関士必須!耳栓はこちら>>

トーチライトとは

懐中電灯、フラッシュライトの事です。

英語だとフラッシュライト[Flash light]と呼びますが私は正直馴染みがありません。

英語でトーチライト[Torch light]は、たいまつの灯りだそうです。

しかし懐中電灯という言葉、最近聞かなくなりましたね、、。久々に聞きました。

選び方のポイント

ポイント①

常に携帯する普段使いは防水充電式(紐付きがベスト)

ポイント②

整備中はマグネット付きで固定、折り畳み式で任意の位置を照らす

ポイント③

ヘルメット必須の流れに乗りヘッドライト

これらのポイントを押さえて自分に合った物を選んでいきましょう。

商品紹介

ポイント①普段使いの防水充電式(紐付き)

ポイント②整備中に固定できる折り畳みマグネット式

ポイント③ヘルメットに装着できるヘッドライト

↑現在このタイプ使用中。若干重いかもしれませんが両手が空く便利さと充電式が最高すぎて元には戻れません。

念のため電池式も貼っておきます↓

まとめ

時代の流れとともに明るさの改善や軽量化が進んでいるようです。

たまに最新商品をチェックしてみるのも良いかもしれません。

普段使いの防水充電式は機関士だけでなく私生活でも役に立ちますので備えておいても良いかと思います。

GENTOS公式サイト>>

おしまい

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
Masa_MarineEngr
平水船で働く30代です😄日常を緩く発信しています。船、車、機械、エンジン好き|構造や仕組みが気になってしまうタイプ|2児の子育てに奮闘中|〇〇タンカー→〇〇クルーズ→現在|最近は洗車に沼っています🧼よろしくお願いします😄