【海技士試験】令和3年7月三級海技士(機関)筆記試験過去問題|機関その3|

海技士試験はしっかりと傾向分析を行い対策を取ることで誰でも合格する事ができます。

今回は実際に受験して受験料と引換に持ち帰った令和3年7月三級海技士(機関)機関その3(3Eキ3)の問題をご紹介します。

出題の傾向分析等にご利用ください。

問題1

(一)潤滑剤であるグリースに関する次の問いに答えよ。

(1)EPグリースとは、どのようなものか。

(2)万能グリースとして必要な性質は、何か。

(二)エンタルピについて説明せよ。

(三)炭素鋼において含有炭素量を0.1〜1.0%の範囲内で増加した場合、炭素鋼の次の(1)〜(5)の機械的性質は、どのように変わるか。それぞれについて記せ。

(1)伸び

(2)降伏点

(3)硬さ

(4)衝撃値

(5)引張強さ

問題2

(一)機械製図に用いられる材料記号について述べた次の□の中に適合する字句を記せ。

(1)図面に材料名を指定する場合には、JIS □ア 規格又はJIS □イ 規格に示された記号で表す。

  原則として □ア 記号は下記の例にあげた3つの部分①〜③から出来ている。

   例 SS400→(S① S② 400③ ) SUP6→(S① UP② 6③)

(2)①の部分は、 □ウ を表す英語又はローマ字の頭文字若しくは □エ である。 □ア はS(Steel:鋼)又はF(Ferrum:鉄)の記号で始まるものが多い。

(3)②の部分は、板、棒、管、線及び鋳造品など、形状別の種類や用途の記号を組み合わせて □オ を表している。

(4)③の部分は、材料の種類番号の数字、 □カ 又は耐力を表している。

(二)平ベルトによる伝動装置において、ベルトの張り側の引張り力が2100N{210kgf}、ゆるみ側の引張り力が820N{82kgf}、ベルトの速さが25m/sで運転されている場合、ベルトの伝える動力は、いくらになるか。ただし、ベルトの厚さ及びすべりは無視するものとする。

まとめ

今回は機の三のみの受験でしたが無事に合格しました。

これで三級海技士(機関)の筆記試験合格!!ということになりました。

現在在籍中の船では口述試験の乗船履歴が付かないために免状にする事は出来ませんが、機関士も生涯勉強ということで受験してきました。

おしまい

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA